『YOKOSUKA軍港めぐり』汐入桟橋(横須賀避難勧告解除)   

2010年 02月 28日
さきほど、『YOKOSUKA軍港めぐり』の瀧元あずさ嬢からmailを戴きました(^-^)。Sea friend V号さん、何事もなく汐入桟橋に戻られましたね。良かったですよ…ほんとに…
e0150566_18474295.jpg
いつものように、ウェザーニューズさんのライブカメラchで汐入桟橋と横須賀本港を確認。夕焼けが綺麗ですね。安堵の夕焼け。横須賀4地区に出されていた避難勧告も解除になったそうで、本当に大事が起きずに安堵しました。無事、これ何より。でも、今回の津波が「それほどでもなかったぢゃん?」で、油断してはいけません。

今日は残念ながら全便欠航となってしまった『YOKOSUKA軍港めぐり』。安全第一。Sea friend V号さんは沖合で待機していたそうです。昨年の台風の以来の汐入桟橋タラップ外しで、汐入桟橋ぽつ〜ん。でも、明日は無事に出航できそうですね。穏やかな夕焼けが出ています。前回投稿を削除せず、無事にSea friend V号さんが戻ってきた夕方を上に被せます。とにもかくにも、大事に至らず安堵しましたよ…

午后2時に投稿した分を削除せず、追記しました。↓以下、午後2時59分の投稿

==========================
『日報』にも投稿しましたが、こちらにも。気がかりです。既に各地で津波の第一波が観測されています。ウェザーニューズさんのライブカメラchで、横須賀本港の様子を見ています。このような事態で、いつも楽しみにしているライブカメラchを見る日が来てしまったのですが…
e0150566_14413349.jpg
『YOKOSUKA軍港めぐり』のSea friend V号さんが汐入桟橋より避難してゆきます。どうぞ、お気をつけて。午前11時ぐらいまでは、海上自衛隊横須賀地方総監部さん吉倉桟橋最も手前には、ヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが」さんのお姿もありました。この午后2時12分の映像を見る限り、吉倉桟橋には海上自衛隊さんの艦艇は一隻もいらっしゃらないように見えます。潜水艦さんのお姿は見えるように思いますが。米海軍さんのイージス艦さんがたと共に。横須賀の4地区にも避難勧告が出ているようです。どうぞ、皆様、くれぐれもお気をつけ下さい。第二波、第三波の方が大きい場合もあります。絶対に海辺には近づかないように。

今年1月18日『gvein(別館)』投稿より転載します。

激甚な津波被害をもたらしたスマトラ島沖大地震は2004年12月26日に起きました。1993年には北海道南西沖地震が起き、発生から約3分で奥尻島を津波の第一波が襲いました。 スマトラ島沖地震と北海道南西沖地震にて、激甚な被害を与えたのは津波です。海辺に立つ度に思い出すのは…寺田寅彦氏の『津浪と人間』です。転載させて戴 きます。

「三十七年といえば大して長くも聞こえないが、日数にすれば一万三千五百五日である。その間に朝日夕日は一万三千五百五回ずつ平 和な浜辺の平均水準線に近 い波打ち際を照らすのである。津浪にこりて、はじめは高いところだけに住居を移していても、五年たち、十年たち、十五年、二十年とたつ間には、やはりいつ ともなく低いところを求めて人口は移ってゆくであろう。そうして運命の一万数千日の終わりの日が忍びやかに近づくのである。鉄砲の音に驚いて立った海猫 が、いつの間にかまた寄って来るのと本質的の区別はないのである」(『津浪と人間』)

by brristol | 2010-02-28 14:59 | YOKOSUKA軍港めぐり | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://brristol.exblog.jp/tb/13838282
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。