平成21年度 海上自衛隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様   

2009年 12月 31日
先々週に体調をひどく崩してしまった事もあり、投稿が思ったように出来ぬまま、大晦日が来てしまいました。ぎりぎりまで、画像を作成。平成21年度を締めくくるのは、「横須賀水中処分隊」の皆様です。この1年、実にさまざまな訓練の見学をさせて戴きました。
c0147123_3151387.jpg
到底、520pixの画像では納まり切らぬ皆様です。元画像は800pixで作成していますので、クリックして800pixでご覧下さいませ。30の場面で構成した「平成21年度横須賀水中処分隊の皆様」。無理があります。30の場面で納められる訳がありません。この1年、ひたすら横須賀水中処分隊の皆様、吾妻島前に訓練されている水中処分員の皆様を追い続けました。非常に難しい短時間の見学・記録ではありましたが、1年通して『YOKOSUKA軍港めぐり』にて見学を続けられた事に最上級の感謝をせねばなりません。また、非常に大切な事…「ただ、ひたすらに繰り返す」「ひたすら地道に着実に」…とても大切な、そして、とても難しい事を教えて戴いたのです。常に時間と天候との「闘い」でもありました。
c0147123_3252961.jpg
こちらの場面は、横須賀水中処分隊の皆様の「本年度潜水訓練納めの日」。とても珍しい事なんですよ。皆様が訓練に出てゆかれる前に、機雷桟橋上にいらっしゃる際に『YOKOSUKA軍港めぐり』にて通過出来るのは…とても和やかですね。『YOKOSUKA軍港めぐり』のお客さまに皆様手を振って下さっています。最も左手にいらっしゃるのは、横須賀水中処分隊長・杉山重一3等海佐です。
c0147123_322181.jpg
この日は今年最強の寒波が日本を覆い尽くし、厳冬の1,2月級の寒さでしたが…皆様、これより訓練に出てゆかれるのです。海に潜られるのです。あり得ない寒さの中へ出てゆかれると云うのに、全く余裕。全然余裕です。
c0147123_3271920.jpg
皆様の全く余裕綽々ぶりに非常に心強さを感じるのです。そして、この1年、皆様のお姿を見学・記録させて戴けた事に心より厚く御礼申し上げます。至らぬ点が多々あり過ぎた「新米見学者」でありましたが、懸命に追い続けたつもりです。ブログに的確な事も書けていたとは思えず、また書かねばならぬ事が未だ書かれていない状況ではありますが、年が改まる前に、せめて出来る限りの投稿をしたいと思った次第であります。
c0147123_335117.jpg
機雷桟橋より、本年度納めの潜水訓練に出てゆかれる横須賀水中処分隊の皆様。本当に実にさまざまな見学をさせて戴きました。一度として「全く同じ訓練」はありませんでした。『YOKOSUKA軍港めぐり』の乗船は100便を遥かに超えても。また、海上自衛隊「潜水医学実験隊」の皆様、陸上自衛隊「中央即応集団」の皆様、警視庁「第7機動隊」の皆様とも訓練をご一緒されている事もありました。5月には、憧れの「爆発物処理班」のTシャツを戴き、滂沱の感涙でありました。

全く以て、本年度の横須賀水中処分隊の皆様の記録を納められる力量がない「新米見学者2年生」ではありますが、「出来る限りの投稿(情報発信)」をしたいと思った次第であります。

平成21年度の大晦日早朝

by brristol | 2009-12-31 03:40 | 海上自衛隊へ行こう | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://brristol.exblog.jp/tb/13366337
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。