<   2012年 02月 ( 31 )   > この月の画像一覧   

ブルーハワイ   

2012年 02月 29日
c0147123_13151936.jpg
かなり積もりましたので、久しぶりに作ってみました。ブルーハワイ。今は少し小降りになりましたが、まだ細かい雪が降っています。先ほど、少しだけ雪かきしました。雪かきするのも久しぶりですね。少し伝票入力を休んで寝ようと思ったのですが、まだ起きています。さすがに目がしょぼしょぼします。

【註】ブルーハワイは、植木の液体肥料ハイポネックスで作成しました。植木にはご馳走ですが、美味しそうだからと云って、決して食べてはなりません。

by brristol | 2012-02-29 13:20 | 日常報告 | Trackback | Comments(0)

閏の朝は雪   

2012年 02月 29日
c0147123_711418.jpg
今日は4年に1度の閏日ですね。今朝は雪です。4時頃は、まだみぞれまじりの雨だったのですが、夜が明けてから雪に変わりました。既に辺りは、かなり白くなっています。高齢の母親は「ハンカチ3,000枚たたまないと」と云って、出かけてしまいました。止めたのですが、聴きませんでした。強気な母親ですが、すっ転んで怪我をしたらどうするつもりなのでしょうね…。こちらは、伝票入力で動けません。まだまだ続く伝票の山。

by brristol | 2012-02-29 07:17 | 日常報告 | Trackback | Comments(0)

謎の石盤   

2012年 02月 29日
c0147123_072015.jpg
只今、毎年恒例の会計士叔父の確定申告手伝いで、訳が判らなくなっております。もう、ひたすら眠いです。やらなくてはならん事がどっさりあるが故に、眠くなってしまうのです(逃避)。ところが、寝ても夢をたくさん観てしまい、全然落ち着きません。困りました…。そんな折、『日報』の投稿の為に2010年4月に遡ったところ、この写真が目に入りました。自宅近くの「昔が残る貴重な林」にあった、謎の石盤。奈良は春日野、石舞台古墳近くの酒船石を彷彿とさせる、地元の謎の石盤。自宅近くには古い時代の石仏や庚申塔などが多くありますが、この謎の石盤は良く判りません。台座でもないように思いますし…。う〜ん…。

by brristol | 2012-02-29 00:14 | 日常報告 | Trackback | Comments(0)

男祭りから怪人まで   

2012年 02月 27日
c0147123_222608.jpg
先週末、お墓参りに向かう際の車窓から。実に画期的な駅名標。子どもの頃、家族で旅行に行く際、いつも父から「通る駅名を全部書いておきなさい」との「指令」が下されていました(^-^;)。その為、駅名標のみならず、今でも道沿いの看板を読み上げてしまう特性が抜けていません。全国各地に、このような写真駅名標が存在すると思いますが、自分は上尾が初めてです。何とも勇ましいですね。と云うか、この「駅名立て看板(固定)」も「駅名標」で良いのでしょうか??(鉄っちゃんぢゃないので判らない…)。ご当地案内も兼ねた写真駅名標がもっとたくさん観られると良いですね。バブルが弾けて久しいですが、上尾駅は賑わっています。「空白」も今となっては珍しくないのですが。「男祭りからオペラ座の怪人まで」。賑やかです。

by brristol | 2012-02-27 22:33 | 日常報告 | Trackback | Comments(0)

市中の熊谷直実公   

2012年 02月 25日
c0147123_20565149.jpg
今年は、2月5日の祥月命日には三重県におりましたので、本日25日にお墓参りに行きました。これまで、あまり意識していなかったのですが、熊谷駅前には、熊谷直実公がおわします。実に現代的な直実公であります。今年になって、改めて不思議に思ったのは、熊谷は直実公縁の地。と云うより、ご出身の地。詣でる墓所には、揚羽蝶の家紋。思い出すのは、『平家物語』です。何故か、小学生の頃、平敦盛と熊谷直実の章を暗記していたのです。一体、どのような巡り合わせなのでしょうね…。

by brristol | 2012-02-25 20:54 | 旅路 | Trackback | Comments(0)

いつもより早くに   

2012年 02月 25日
c0147123_136448.jpg
熊谷駅に着きましたところ、何故か、そこは沖縄だった…。

by brristol | 2012-02-25 13:06 | 日常報告 | Trackback | Comments(0)

懐かしき勝負台   

2012年 02月 24日
c0147123_2135040.jpg
家族旅行、温泉旅行、げーせん…と云えば。これ。しかし…今まで、正式名称を知りませんでした。「血豆が出来たら痛いスリリングな打ち合いゲーム」と云うのが、自分の正式名称でした。今投稿の為に調べました。「エアホッケー」。ああ、なるほど。でした。みんな、次第にマジになってしまって怖いゲーム。手前の白板には、「4ゴール先取。終了。制限3分間」と手書きのルール。にこにこ太陽さんの横には、「hyper taifun」。

ここは、伊良湖岬。「道の駅・伊良湖クリスタルボルト」内のゲーセン。ゲームセンターではなく、「ゲーセン」。ここでは、あのドブ板通りの夜を悩ます「とぅるるるとぅとぅるるるるぅ〜」の寂しげなメロディを果てしなく奏で続けるUFOキャッチャーもあります。伊良湖岬先端のクリスタルボルトまでは、豊橋鉄道渥美線を終点「三河田原」駅で下車。三河田原駅からバスに乗り換え、約45分。しかし、確か…どのバス便も、伊勢湾フェリーと連動していなかったと思います。1時間ぐらい待つ事になるのですが、クリスタルボルトが、かなり楽しい施設ですので、退屈する事はありませんでした。往年の名機(アーケードのゲーム機)が並び、ヤシの実博物館もあり(残念ながら、到着した頃には閉館していました。16時まで)、伊勢湾も一望できます。お土産に悩むのも良いです。自分はおなかが空いていたので、何故か愛知県でサーターアンダギーを買っていました。
c0147123_2364956.jpg
おおお。Rave Racer。一体、何年ぶりの再会であった事でしょう。個人的には、RAGE RACERの方が得意です。 volcano vehicleで爆走は良いのですが、「どりふとって何?」と云うぐらい、ドリフトが下手(笑)。それでも、高タイムを叩き出していたと思います。確か。車の運転が出来ないのですが、車げーは得意。もしかしたら、運転したら上手なのかもしれませんね(「うんにゃべ!」が聴こえて来そう)。

by brristol | 2012-02-24 02:30 | 旅路 | Trackback | Comments(0)

夕刻神島   

2012年 02月 23日
c0147123_5373990.jpg
愛知県の渥美半島の先端「伊良湖岬」を出港した頃。美しい伊勢湾。対岸の鳥羽港までは、伊勢湾フェリーさんで1時間以内。日の入りまでも1時間以内の頃。伊良湖岬の前方に見えるのが神島。三島由紀夫氏の『潮騒』の舞台となった島。
c0147123_5414560.jpg
wikipediaと同じ写真になっていますが…(伊勢湾フェリーさんから撮れば、どなたでも同じ写真が撮れます)。八代龍王御祭神の神社があるそうです。神島は三重県なのですね。穏やかな夕刻の情景に見えるかもしれませんが、猛烈な強風が吹き、ぐわんぐわん揺れていました。デッキに出ると、ふッ飛ばされそうでした。寒かったですね…。

今日は、雨の朝です。本降りではありませんが、傘必要の振り方です。未明から、続々と気象警報mailや気象mailが頻繁に届きました。雨の日が増えて来ると、春が近付いているなあ…と感じますね。

by brristol | 2012-02-23 05:49 | 旅路 | Trackback | Comments(0)

お伊勢さんの逸品鯉   

2012年 02月 22日
c0147123_5241444.jpg
お伊勢さんの鯉の皆様は、大層ご立派です。まさに「錦」と呼ぶに相応しい方々ですが、写真を見ていて、大層驚きました。
c0147123_519442.jpg
こちらのお方。実に前衛的です。最早、「鯉」と云う存在を超えておられました。錦鯉には、「逸品鯉」と云う種類があるそうです。こちらのお方は、きっと大正三色・昭和三色と云う種類なのかもしれませんが、見事な揺らぎでした。

そう云えば、今回、初めてお伊勢さんにお参りしたのですが、子どもの頃から、両親に教えられていた事を思い出しました。自分の初宮参りは、伊勢山皇大神宮でありました。「横浜のお伊勢さん」でした。

by brristol | 2012-02-22 05:30 | 旅路 | Trackback | Comments(0)

鷺の宮庭・勾玉池畔   

2012年 02月 20日
c0147123_945577.jpg
これほど一堂に会した鷺の群れを見たのは初めてでした。伊勢神宮さん外宮入口の勾玉池の畔。お伊勢さんは、来年、20年に1度の式年遷宮を迎えますが、今年の4月に式年遷宮を記念する「せんぐう館」が開館するそうです。その「せんぐう館」の前に勾玉池があり、その畔に鳥たちが集まっていました。白鷺の群れは幾度か飛んでいる際を目にしていますが、青鷺がこれほど群れているのは初めてです。いや、驚きました。

by brristol | 2012-02-20 09:49 | 旅路 | Trackback | Comments(0)