カテゴリ:平成22年宮崎県( 11 )   

今夜は皆既月食が…   

2010年 12月 21日
大変残念ながら、今回も皆既月食を観る事が出来ませんでした。不思議な事に、前回も今回も、横浜は雷雨でありました。不思議ですよね?2回続けて雷雨で観られないとは。前回はいつでしたか…3年4ヶ月ぶり?前回は、大雷雨でした。赤銅色の月を撮りたかったのですが。でも、次回は来年2011年6月16日だそうです。割とすぐですね。では、丁度1ヶ月前の満月の夕刻。
c0147123_22305174.jpg
宮崎県日南市の梅が浜。油津中学校前の砂浜より、ようやく水平線の雲靄から顔を出したばかりの満月。美しい日南海岸の薄暮。水平線には、海上自衛隊さん掃海部隊の掃海艇さんがたが6隻いらっしゃいます(かなり遠いので、判りづらいですが…)。皆既月食があと1ヶ月早ければ…宮崎県で観られたのです。2001年、しし座流星群の「流星雨」を観たのも、宮崎県でしたので。

by brristol | 2010-12-21 22:34 | 平成22年宮崎県 | Trackback | Comments(0)

南九州的日の入り   

2010年 12月 09日
時間が経つのは、本当に速いものです。間もなく南九州の日が暮れます。現在、益城熊本空港を過ぎたあたり。スーパーフェニックス号、約5分遅れ。
c0147123_1704695.jpg
c0147123_1704654.jpg
【追記】その後、数年ぶりに、また博多を走る事になりました。無事に東京行き最終のぞみ66号に乗る事が出来て良かったです。ふらふらですよ…

by brristol | 2010-12-09 17:00 | 平成22年宮崎県 | Trackback | Comments(0)

夜明けの山々   

2010年 12月 09日
c0147123_740944.jpg
本日、いよいよ横浜へ戻ります。「締めくくりの大仕事」であります。ぴったり1ヶ月間。若くないので、1週間以上休養したものの、1日がかりの長旅が少々不安です。無事、辿り着けるでしょうか。

by brristol | 2010-12-09 07:47 | 平成22年宮崎県 | Trackback | Comments(0)

一時的に   

2010年 11月 26日
c0147123_23572377.jpg
都城におりますが、明日早朝に志布志に戻ります。ここは全くwebに繋げませんが、明日から復旧します。今回は本当に波瀾万丈であります。

by brristol | 2010-11-26 23:57 | 平成22年宮崎県 | Trackback | Comments(0)

懐かしき手売り切符   

2010年 11月 26日
c0147123_12272027.jpg
こどもの頃、大好きだった切符切りセットを思い出しますよ。さぁ、宮崎県→鹿児島県→宮崎県→鹿児島県ですよ。じぐざぐに移動します。

by brristol | 2010-11-26 12:27 | 平成22年宮崎県 | Trackback | Comments(0)

津の峰より油津港 掃海艦艇さんがた全景   

2010年 11月 25日
先ほど、投稿しようとしている際、Mac内の「異変」に気付きました。宿泊者の方のMacが、自分のMac内に存在していたのです。と云っても、念のため、深夜にフロントさんを通して相手のお方に確認しましたので、こちら側では問題はありませんが、他の宿泊者のお方のMacを「拾って」しまいましたので、念には念を入れて、今夜は投稿を控えます。また、Macの電源も切ります(用心し過ぎと云われても)。無線LANをこれまで頑なに使用しなかったのは、このような事が起きるからです。
c0147123_2104481.jpg
投稿しようとしていた画像は、40cutほどありますが、今夜は待機します。油津滞在もあと数日となりました。平成22年度機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練は終了しましたが、海上自衛隊さん掃海部隊の皆様、宮崎県日南市油津港にて、ご出港を待っておられます。美しい油津港を一望出来るのは、海抜88mの津の峰。息を切らせて登りました。既に、油津港をあとにされた皆様もいらっしゃるのですが、ようやく撮る事の出来た「全景」です。日向灘側より、海上自衛隊掃海隊群・掃海母艦「うらが」さん(横須賀)、「ぶんご」さん(呉)。左手に横須賀地方隊第41掃海隊・掃海艇「のとじま」さん、「つのしま」さん、「すがしま」さん(横須賀)。右手岸壁(縦位置)、海上自衛隊掃海隊群第51掃海隊・掃海艦「やえやま」さん、「つしま」さん、「はちじょう」さん(横須賀)。掃海隊群第1掃海隊・掃海艇「みやじま」さん、「いずしま」さん、「あいしま」さん(呉)、掃海隊群第2掃海隊・掃海艇「たかしま」さん、「やくしま」さん(呉)、舞鶴地方隊第44掃海隊・掃海艇「ながしま」さん(舞鶴)。第2掃海隊・掃海艇「ひらしま」さん(呉)、佐世保地方隊沖縄基地隊第46掃海隊・掃海艇「あおしま」さん(沖縄)、舞鶴地方隊第44掃海隊・掃海艇「まえじま」さん(舞鶴)。佐世保地方隊沖縄基地隊第46掃海隊・掃海艇「ししじま」さん、「くろしま」さん(沖縄)。手前岸壁(横位置前方より)第2掃海隊・掃海艇「うくしま」さん(佐世保)、佐世保地方隊下関基地隊第43掃海隊・掃海艇「とよしま」さん(下関)。大湊地方隊函館基地隊第45掃海隊・掃海艇「とびしま」さん(函館)、佐世保地方隊下関基地隊第43掃海隊・掃海艇「なおしま」さん(下関)。後に、第45掃海隊・掃海艇「ゆげしま」さん戻られます。既に、5隻の掃海艇さんがたが油津港をご出港になられています。今回の平成22年度機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練は、今年最大規模でありました(まだ、全ての皆様がご出港されてはいませんので、「過去形」ではないのですが)。

by brristol | 2010-11-25 02:14 | 平成22年宮崎県 | Trackback | Comments(0)

かくも幻想的に日向灘蒼夜「洋上の星と空の星」   

2010年 11月 22日
早寝早起きと連日唱えながらも、まだ画像を確認・作成していると云う。油津滞在も、あと数日となり、普通に寝ていられないようです。が。本当に早く休まないと。ですが、投稿したい記録は、あまりに膨大。時間との板挟み。では、今夜最終投稿は、かくも幻想的な日向灘の蒼い夜。
c0147123_1295659.jpg
怖い程に美しい日向灘の蒼い夜です。今夜は部屋からは撮れません。湿度が高くなり、靄靄で日向灘洋上には多くの海上自衛隊さんの掃海艦艇さんがたが展開されているのは微かに見えているのですが、霧でしょうか。霧が日向灘を覆っていて、写真に撮る事が難しいのです。微かに艦艇さんがたの灯が見える、と云う状態です。その為、三脚を電動自転車に積み、最も近い距離にいらっしゃる「灯」を頼りに30秒間(現在、自分のカメラでは30秒が上限)。夕方とほぼ同じ地点から撮っていますので、第51掃海隊・掃海艦「やえやま」さんであると思います。極力画角を下げているのは、どうしても波を入れたかったのです。今夜の日向灘、夜明けのように明るいのです。ただ、煌煌と満月の光が降り注ぐ、と云う好条件ではありません。薄いうろこ雲がかかり、暈が光っています。
c0147123_139447.jpg
皆様、訓練の為に洋上にいらっしゃるので、あまり「幻想的」と云ってはならないのかもしれませんが…蒼の日向灘に光の航跡。3隻の掃海艦艇さんがたが写っています。夕方は、大ブレイクであった波も、穏やかになったように思えます。少しだけ。
c0147123_142516.jpg
左手。国道220号大浦カーブ付近。宮崎方面から続々と車がやって来ます。光の列。
c0147123_144688.jpg
画像をMacに移動し、確認した際、どうしても判らなかった写真です。掃海艦さんが2隻写っていたのです。ですが、前後の写真を確認しても、掃海艦さんは2隻はいらっしゃらないのです。記録上。もしかして…「やえやま」さんと掃海艇さんでしょうか、お二方の「幻影」では?多重露光のように思えるのです。でも、「やえやま」さんの後方(左)に、「灯」は見えていました。確か。不思議でならない写真です。掃海艦さんと2点の灯…掃海艇さんでしょうか。間隔が全く同じだと思うのです。多重露光なのか…実際に掃海艦さん・掃海艇さんが全く同じ間隔でいらしたのかも…海上自衛隊さんの方々であれば、「全く同じ間隔」も不可能ではありません。果たして…多重露光と云っても、デジタルカメラになってから、多重露光をした記憶がありません。と云うか、出来るのかも判らないと云う。
c0147123_1434318.jpg
実は、最も近い距離にいらした「やえやま」さんの灯でさえ、ファインダ内で確認するのは至難の業でした。殆ど見えないのです。微かな灯を懸命に捉えます。まるで、天体望遠鏡で、遠く遠くの星団を探しているかの如くです。洋上の星です。ふと、目が疲れてしまったので、肉眼で日向灘を観た時です。「きらり」。星が光ったように思えたのです。こう云う時は、光点を凝視すると逆に見えません。「あった」。水平線近くの雲を脱し、星が海から昇ってきたのです。洋上の星と空の星。写真になると、かなり明るい星ですが、ファインダ内では殆ど見えていませんでした。もう少し、じっくり撮っていたかったのですが、この時、ほの明るい砂浜には、幾人かの人影があちこちに見えていました。自分もその一人なのですが、かなりシュールな状況で、落ち着きません。夜の砂浜に、雲越しほの月灯に蠢く黒い人影(^-^;)。おまけに、軽自動車がやって来て、何故か間近に停まり、ライトで照らされた時には、さすがに気味が悪くなり、即座に撤収しました。お巡りさんであれば安心ですが、パトカーではありません。数日前にタクシーの運転手さんに「あの辺りは、夜、独りで行かない方がいい」とのご忠告を受けた事もあり。
c0147123_23437.jpg
即座に撤収したのですが、どうも腑に落ちなかったので、油津港へ行ってみました。勿論、どなたもいらっしゃいません。不夜城のチップ埠頭。これで、ようやく納得し、ホテルに戻りました。記録を確認すると、殆ど「やえやま」さん(推定)ですが、「やえやま」さんしか撮らないのではなく、撮りたくても撮れなかったのです。最も近い距離にいらした「やえやま」さんでさえ、かなり難しい状況でした。恐らく、今夜が今年見納めの「洋上の星団」である筈なので、とても残念でなりません。そして、これからの天候が大変気がかりです。まだ、油津に雨は降り出していないのですが…

by brristol | 2010-11-22 02:08 | 平成22年宮崎県 | Trackback | Comments(0)

日向灘美しい夕刻   

2010年 11月 21日
c0147123_16564497.jpg
間もなく日の入りです。目の前には、掃海艦「やえやま」さんをはじめ、7隻の掃海艦艇さんがたのお姿が見えています。先ほど、砂浜で撮っていたところ、膝まで波をかぶってしまい、潮砂まみれであります。かなり湿度が上がって来たように思います。明日のお天気が気がかりです。

by brristol | 2010-11-21 16:56 | 平成22年宮崎県 | Trackback | Comments(0)

おふねを探して旅に出た筈が…   

2010年 11月 21日
c0147123_1381668.jpg
不思議な南の島の森に迷い込んでしまいました。パノラマ島綺譚になりつつありますね…宮崎県は江戸川乱歩であったのですか…。

by brristol | 2010-11-21 13:08 | 平成22年宮崎県 | Trackback | Comments(0)

只今、日向灘快晴   

2010年 11月 20日
c0147123_14473727.jpg
reflexまにゅあるフォーカスに集中し過ぎて、少々…き…胃がわやわやになっておりますが…日向灘は、どこまでも美しく。

by brristol | 2010-11-20 14:47 | 平成22年宮崎県 | Trackback | Comments(0)