「食べてけさまい」癒しの大湊吉田ベーカリー   

2012年 08月 07日
c0147123_1152591.jpg
あまりに暑過ぎるので、疲れ果てております(^-^;)。思わず、涼しかった青森県むつ市大湊を早くも懐かしんでおります。今年も毎日のように通った大湊吉田ベーカリーさん。夕方、お母さんとのお話が「癒したいむ」でした。閉店は8時。なじみのお客さまが次々訪れ、終始和やか。お母さんの後ろの冷蔵庫に、お母さん印のポスター。「食べてけさまい」。隣は名物「あんばたサンド」のポスター。豊富なメニューの「名物サンド」。毎日悩みました。悩んでいると、上陸されたばかりの掃海隊群司令部のお方が「のりサンドね!」と、ご来店されたり。
c0147123_123140.jpg
大湊吉田ベーカリーさんは、パン屋さん。美味しいパンがたくさん並んでいますが、更にスゴいのは、この品揃えのお惣菜・お弁当群。全て、お母さんがたの手作り。まさに「おふくろの味」。
c0147123_1253889.jpg
全てが美味しい。毎日、おかずに悩んでいました。お店に居座る時間は30分から長い時で1時間。目移りしてしまって、選べない。この「おふくろの味」があって、これまで、大湊長期滞在中、病院行きになった事はありません。今年は虫さされ・草かぶれが重症化し、初めて病院に行きましたが、恒例の風邪・胃腸炎はナシ。「人間、基本は食事」。大湊長期滞在中、食事と飲み水に困った事は皆無。
c0147123_1285857.jpg
晩ご飯に悩む間、お母さんに夜食の「サンド」の注文をします。これにも悩むのですが、だいたい「名物あんバタ」もしくは、「ジャムバタ」、「あんきなこ」。自家製食パンに、その場でバター(マーガリン)&あんこorきなこorジャムを塗って貰います。いつも作りたて。今、あまりの暑さに疲労困憊ですので、あんばたサンドが食べたくて仕方がありません。

それにしても…暑い。昨日は、母親と病院行きの日でありましたが、珍しく空いていました。大きな病院は、いつも混んでいるのですが、8月は空いているのかもしれませんね。またすぐに行かなくてはならないのですが、空いていれば随分楽です。しかし、昨日は早く終わったのは良いのですが、豪雨。病院の入口出た瞬間に、耳をつんざく乾いた大音響と共に目の前に落雷(◎.◎;)。「ぎゃーッ!!」。その後、頭真っ白。怖かったです。

by brristol | 2012-08-07 01:38 | 旅路 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://brristol.exblog.jp/tb/18314321
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。