歩き辿り遠き積乱雲   

2011年 09月 13日
c0147123_2231625.jpg
追悼と祈りの9月11日。とにかく、独り静かに歩きたかったのです。東日本大震災発災直後の3月、幾度となく彷徨い歩いた長浦港周囲。風が冷たく寒かった頃です。季節は移り、真夏の名残の遠き積乱雲。

独り歩き廻るつもりでしたが、9月11日は日曜日。海上自衛隊さんは数名の方々が黙々と走っておられましたが、「休日」ですので、いつもの忙しさはありません。その代わり、長浦港周囲には釣りをなさっている皆様がそこかしこに。その中で、「再会」がありました。当時、よくお会いしたお方と「やあ。久しぶり」。東日本大震災が起きなければ、顔見知りになる事もなかったかもしれません。「今日は、何が釣れますか?」「いや。釣れないよ」。そのお方は、いつも「いや。釣れないよ」と仰るのです。でも、ずっといらっしゃる。釣りをなさっているのに、ラフな服装でもないのです。釣り装備でもなく。不思議なお方です。

by brristol | 2011-09-13 02:37 | YOKOSUKA2011 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://brristol.exblog.jp/tb/16846014
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。